イメージ画像

最新情報

2018年11月
トピックス
季節のお便りページ更新しました。
2018年11月
トピックス
今月(11月)の祐気方位更新しました。
2018年11月
トピックス
今月(11月)の展望更新しました。
  • ★★ new! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
     
     祐気取りのすすめ!

    今年の大祐気取りは7月! 60年分のラッキーを取りに出掛けましょう!
     
     開運・運気上昇の為の必須アイテム!≪2018年度版≫ 販売中!!
     
     恋愛運?結婚運?名誉名声運?仕事運?スポンサー運?家庭運?金運?
      欲しい運を確実にUPさせる!祐気旅行計画を立てましょう!
     
    「祐気取り計画表2018 ひとめでわかる採水日 採水時間
      二つ折りで手帳に挟める A4版13枚+早見表 ¥12.000」
     
    祐気取りを使った開運方法を伝授致します。ご依頼は→info@yunmu.jp

    ご自宅や会社からの方位地図線引き等、お気軽にお問い合わせ下さい☆
  • ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

  • ■■━━━━━━ 2018「戊戌九紫火気中宮年」方位吉凶盤 ━━━━━━■■

     
            【南】
          巳 丙午丁 未
         巽       坤
        辰 ┏━┳━┳━┓ 申
          ┃八┃四┃六┃ 
        乙 ┣━╋━╋━┫ 庚
     【東】卯 ┃七┃九┃二┃ 酉【西】
        甲 ┣━╋━╋━┫ 辛
          ┃三┃五┃一┃
        寅 ┗━┻━┻━┛ 戌
         艮       乾
          丑 癸子壬 亥
            【北】
     

       太歳方  戌方・一白水気
       太歳生方 午方・四緑木気
       太歳墓方 寅方・三碧木気
     
       歳破方  辰【南東】八白土気
       暗剣殺気 離【南】 四緑木気
       五黄殺気 坎【北】 五黄土気
       定位対冲 震【東】 七赤金気
     
       自分の本命星が巡った場所は「本命殺」
       本命殺の反対側は「本命的殺」の凶殺方位です

    ■■━━━━━━━━ 「本年の九星ごとの運勢」 ━━━━━━━━━━━━■■
     
    ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     
     「一白水星」
     
    一白水星の基本的な方位は「北」です。北は「陰」を象徴し、陰は極限まで進展すると「陽」に転ずるので、その陽の始まる出発点が「一」です。十二支でいえば「子」、季節は冬、時刻は二十三時から午前一時までの真夜中で、天と地の気が交わって万物を創造する時を示します。
     
    一白水星生まれの人は複雑な出来事を経験しながら、苦労と悩み、困難などにも耐え忍ぶ宿命的な気質があります。小さい時から独立心を養うことは将来必ず役に立ちます。
     
    水は一滴の雨水から始まり、やがて大きな流れとなって大海に注ぎます。また、「水は方円の器に順う」といわれるように、柔軟な社交性を発揮して、外柔内剛型の誰にも負けない芯の強さを秘め、信念を貫き成功します。
      
    地球上のあらゆる生物は、水の恩恵が無ければ生きてゆくことが出来ません。この水の気性を持っている一白水星は、水で草木が喜ぶように、人様に親切にして喜ばれたり、同情心をもって心のこもった人の世話が出来ますから、周囲の人々から信頼が深くなります。

    反面、自分の事は内密にしておく性格があるので、心から許し合える親友が出来にくく、孤独に成り勝ちです。若い頃の不遇な時代に体験した苦労が、やがて成果となって中年以降に盛運をもたらし、晩年は落着いた生活を確保するようになります。
     
    ★今年の一白水星は、北西の「乾宮」に回座します。乾宮は別名「飛躍期」とも呼ばれ、内部から受ける刺激によって旺盛な意欲が湧き、四方八方活躍して休む暇もありません。これまで努力してきた事柄を完成させる多忙な日常の年となります。
     
    才能が発揮され、貫禄が出て度胸も付き、周囲の期待も高まって応援や協力などに恵まれ、目上の引き立てを受けて一回り大きく成長します。勢いもありますから事に当っては躊躇せず、迷いを払って進んで下さい。
     
    何事も順調に進展する幸運の年回りですから、下手な小細工などせず、正面から正々堂々と正攻法で事に当たるよう心掛けが大切です。多少の困難が生じても、軽く蹴飛ばす力を持っていますから恐れることはありません。持ち前の勇気で所信を貫くガッツを出してチャレンジすれば成果は必ず得られます。幸運は、ただ手をこまねいて掴めるものではありません。積極的に掴もうとする意欲と努力があってこそ得られるものなのです。
     
    反対に、自分を大きく見せたいという意識に支配されれば、自信満々な態度や雰囲気は周囲の反感を買い、目上の人にも嫌味に取られて信頼を失います。判断や決断も強引で、後援者との交渉にも障害が起こり易くなります。すべては自信過剰から起こることです。ここで新規の事柄を始めると、持続性に欠けるので「口だけの人」というレッテルを貼られてしまいます。完成するどころか、これまでの努力をすべて水泡に帰してしまい兼ねませんから、落ち着いて行動し、これまで努力を続けてきた事柄のみの完成に絞って下さい。
     
    大きな仕事の話や、目出度い話しも入って来ますが、前半はまだ前年の流れの延長線上にありますから、やや保守的にして慎重に進めるが良いでしょう。順調に事が進んでいると思っても、急に悪変することもあります。目上の意見を尊重し、独断や横柄な態度は慎みましょう。勢いに乗じて一攫千金を夢見たり、自信過剰になって妄りに動けば、忙しいばかりで総じて空回りします。
     
    今年は、開店、開業、転職、転業、建築、建墓をするに適していますが、契約条件には特に注意して確かめることが必要です。近年なかった勢いの強い年で、飛躍発展の端初ですから、精進次第では予想以上の成果を得ることが出来ます。健康面では、心臓病・血圧異常などの循環器系の疾患、皮膚疾患、過労、骨折など。交通事故にも十分注意されて下さい。

    ◆今年の吉方位は、六白金気の回座する南西方位、三碧木気の回座する北東方位が相生方位です。
     
    但し、月の方位は毎月の節入りごとに変わります。本方位が凶方位になったりもしますので、毎月の運勢欄をご覧になり正しい吉方をお選び下さい。 
    ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     
     「二黒土星」
     
    東から昇った太陽は、南を廻って西に沈み、「陰」の世界へ入ります。二黒土星の定位は「南西」に位置していますから「陰」を象徴し、その性質を発揮します。「陰」の気本数は「二」。「二」は陰陽を表し、二つの交わりによって新しいものを生み出す力を持っています。
     
    また「土性」は、天の気を受けて黙々と万物を育成する「大地」を象徴します。大地は、どんなものも受け容れて吸収し、育て上げ、踏まれても掘り返されても、ひたすら万物の生成の為に使命を果たす「母なる大地」であり、抱いた種を季節に合わせて花を付けさせる縁の下の力持ちの役割を果たしています。
     
    二黒土星生まれの人は、思い遣り溢れた人柄で、若い頃から円熟味を持っています。そのうえ正直で、真面目で一途な性格ですから、誰にでも好かれ信頼されます。お世辞や愛嬌は得意ではないので社交上手とは言えませんが、陰日向なく堅実に動くので安定した運気を保持しています。反面、野望を抱くと逆運に陥ります。自分が中心者になったり、主導権を握ったりするよりは、補佐役や脇役に徹するほうが本来の力を発揮出来ます。他人のアドバイスを謙虚に受け入れ、勤労意欲と奉仕の精神を燃やせば、信用と繁栄が約束されます。
     
    ★今年の二黒土星は、西の「兌宮」に回座します。兌宮は別名「喜楽期」とも呼ばれます。季節では実りの秋を象徴するところで、これまでの努力が実り、悦びごとが多く現れ、心も懐も暖かくなり、快適で楽しく順調に過せる年です。
     
    飲食やレジャーで気分をリフレッシュし、活発に行動した盛運期の疲れを癒して下さい。宴席で食事や会話を楽しんだり、自分へのご褒美にお目当ての品を購入するのも良いでしょう。交際範囲が広がり、出会いにも恵まれます。特に、未婚の人は良い縁を作るチャンスです。
     
    人間関係は豊かに発展しますが、そのぶん交際費が増えて金銭の出入りが激しくなり、予想外の出費も起こります。人恋しくて友人を誘い飲食に勤しみ、調子に乗ってはしゃぎ過ぎる傾向もあり、不用意な一言で雰囲気を台無しにする恐れも。
     
    何事にも不足を感じ易く、不要なものを買って散財したり、暴飲暴食などに走り健康を害する危険もあります。ここは、無理をして活動するべきではありません。一時の休養と考え、楽しみすぎないように注意が必要。無理をすれば、以降の衰運期が乗り越えられなくなります。
     
    金銭に関しては、浪費が過ぎると焦りの気持ちに繋がり、失敗の種を撒くことになります。本道を悦脱することのないよう、お金は計画的に使い、無駄遣いを防ぎましょう。かといって付き合いを全て断わるようでは人間関係にヒビが入りますから、程々に付き合うこと。借財は、余裕のある返済計画を。
     
    対人関係では言葉遣いに配慮が必要な時。何をやるにも億劫に感じたり、愚痴や不満を口にしたりしますが、周囲から反発を受けたり仕返しをされたりしますから注意が必要。トゲのある一言や、嫌味の連発、無駄口を叩いては嫌われます。礼節を欠いて相手を批判するようでは、後の衰運を乗り切ることが出来なくなります。説明不足で誤解を生じ、トラブルを招く恐れも。宴席での失態は取り返しが付きませんので慎重に。
     
    何かと不足不満を感じ、ついヤリ過ぎる傾向に。とにかく暴飲暴食は体調を崩す原因になります。羽目の外し過ぎは厳禁。異性関係にも注意して下さい。何事も程々で切り上げ、気持ちを切り替えることです。周囲への気配り、心配りを忘れずに。現況を把握しておく余裕も必要でしょう。
     
    健康面では、歯痛、口腔内疾患、胸部疾患、食べ過ぎ飲み過ぎ、刃物による怪我にご注意下さい。
     
    ◆今年の吉方位は、六白金気の回座する南西方位が相生方位です。
     
    但し、月の方位は毎月の節入りごとに変わります。本方位が凶方位になったりもしますので、毎月の運勢欄をご覧になり正しい吉方位をお選び下さい。
     


    ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     
     「三碧木星」
     
    三碧木星の定位置は「東方」です。東方は太陽が地平線上に現れて天に昇り始める方位です。
     
    陰陽の基本数は三、五行は木性、十二支は卯、季節は草木の萌え出づる三月、時刻は朝五時から七時までを象徴し、天地を震動させる春雷の響きのように豪気果敢な気を有し、陽気の日光を浴びて、芽を吹き出したばかりの若木です。
     
    負けず嫌いな活動家タイプで、快活で進取の気に富み、どんな苦労もいとわない積極的な人です。周囲の人の好感を呼び、三十代でも人生最大の盛運期に入り、重要な地位につく人が多いようです。
     
    短気と勇み足の行動を慎めば、サッパリとした人柄が人に愛されて交際も豊かになります。早期に独立心と不屈の精神が養われて、若木の勢いで出世コースを歩むように、将来の人生設計を確立することが大切です。
     
    勘が鋭く、先見の明があり、早くから頭角を現しますが、中年以降は運気が沈滞気味となり、無益な出費で大切な財産を失うこともあります。気持ちの大らかさと包容力が乏しく、狭量な人となりがちなので、清濁併せ呑むような人間的に丸みのある心遣いをして、対人関係に充分に留意しながら、人情味のある生き方をしていきましょう。
     
    ★今年の三碧木星は、北東の「艮宮」に回座します。艮宮は「変動期」と呼ばれ、さまざまなところに変化変動が起こってきます。
     
    北東は八白土星の定位ですが、この方位は思いがけない吉祥事が起こったり、反対に突然の凶禍事に見舞われたりします。周囲の環境は勿論のこと、自分の心情や体調にも変化が訪れ、望まなくとも変化が起こり、また自らも変化を起こしたくなるのです。
     
    特に、前年中に満足のいく結果が出せなかった人は、その現状を打開したくなり、巻き返しを計りたくなります。そこで、移転や転職、家の増改築から模様替えなど、心機一転を試みたくなります。充実した前年を過された人にとっても、物事は一旦停止状態に入りますから、やはり方向転換を図りたくなるものです。組織の変革や改革、営業方針の変更は、当初の計画通りのみ可能。配置転換も慎重に行って下さい。
     
    無理の無い、自然の流れに沿った変化や転換は良いのですが、欲や野心から出た強引な変革や、甘い情勢判断での猛進は途中で思わぬ障害に遭遇し困窮することになります。過去を反省し、現状をよく見定めて、弊害があれば取り去り、縮小方向への変革で体制をととのえて下さい。周囲との和を欠いてまで、大きく変化を強行すれば、失うもの多く、得るところ無しです。
     
    ところが、あなたの言動は常に定まらず、気持ちがコロコロと変化して一貫性に欠け、約束を破ってまで、次のことに意識が向いてしまいます。あちこちに出掛けて行き、仲間作りに精を出しますが、中途半端な交流で終わります。家庭内身内親戚、兄弟関係でもトラブルが絶えません。気に掛かって口を挟んで指図したり、余計な世話を焼いて煙たがられたりします。常に誠意を持って対応しているつもりでも、反発を招いて八方美人の烙印を押される可能性もあるのです。
     
    ですから本年は軽挙妄動を厳に慎み、何事も事前のチェックが必要となります。手馴れた事だと思っても、いつ、どのような変化変動が起こっても対処していけるような調査と準備が肝要。新規な事には手出しせす、じっくり腰を据えて、何度も周囲の状況を見直す心のゆとりが必要となりましょう。
     
    このような年には、病気や事故、災難には特別の注意を払わなければなりません。疲労からの脳血栓や肝臓病には特に注意して下さい。持病の再発も起こり易い年。腰痛、関節炎、脊椎の疾患、歯茎や耳鼻の疾患に注意。段差や交差点での怪我にも注意して下さい。体調がおかしいと思ったら早めに祐気方位で診断を。
     
    土地家屋の売買、新築、増改築、模様替え、移転、転職、転居、建墓、開店など、思い付きの判断や行動は良い結果にはならず、強引に進めれば必ず後悔することになります。
     
    建築や移転も避ける方が賢明ですが、どうしても実行したいとあれば「時期の厄除け」を行い、凶運から離脱しなければなりません。方位、方角が悪い場合は「方災除け」をします。
     
    ◆今年の吉方位は、一白水気の回座する北西方位が相生方位です。
     
    但し、月の方位は毎月の節入りごとに変わります。本方位が凶方位になったりもしますので、毎月の運勢欄をご覧になり正しい吉方位をお選び下さい。


    ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     
     「四緑木星」
     
    四緑木星の定位は「東南」です。東に昇った太陽が、南に向かって進行する姿で、五行で言えば木星、季節は陽春、時刻は午前七時から十一時までを指します。
     
    四緑の木星は、三碧の若い成長段階の木性とは異なり、成熟した木性で風や大気の影響を強く受けます。風は時に強く止むことなく当たりますから、人は一定の場所に落着く事が出来なくなり、旅行好きになったり移転を繰り返すようになったりします。
     
    この木性の人は、明るく素直で何にでも順応しやすく、心身ともに調和のとれた人ですから、誰とでも親しくなり、グループの調整役を任されると柔軟性のある細やかな心遣いをして皆に感謝されます。このため多くの人に引き立てられて開運のリズムが早く訪れます。誠実で豊かな社交性は、中年以降も続くので益々信用が厚くなります。
     
    異性に対しても早くから強い関心を持つので、時には思い切った行動を取ってトラブルを起こす事もあります。また、優柔不断な性格があって、人生途上に浮き沈みが激しくなったり、金銭の出入りが不安定になったりします。
     
    取り越し苦労が多く、絶えず心変わりするので不信を買う事もありますが、なるべく住所や職業は変えないよう、堅実をモットーとすれば晩年は安定した人生となります。
     
    ★今年の四緑木星は、南方位の「離宮」に回座します。離宮は、南方は太陽が中天に光り輝く方位で、灼熱の太陽の光と熱を受けて激しく活動する「熱照期」と呼ばれ、明るく活気に満ちた強い運気で、華やかに登り進む年となります。これまで長い間努力し続けてきたことが周囲の知るところとなって認められ、高い評価を得て名誉的な事柄が起こります。嬉しい出会いも多く、先の見通しも付きますから、充分見据えておきましょう。
     
    普段地味めな人も明るく華やかで派手になり、自分は冷静で聡明なつもりでいても、実は落ち着きが無く慌て者になっていたり、つまらないミスを連発し、取り繕おうとして墓穴を掘る恐れもあります。税務関係や訴訟裁判、文書や印鑑に関わる事柄には注意が必要で、人に知られたくないような隠し事や疾しい部分があれば、それが明るみに出る場合があります。
     
    飛躍の意欲が湧き上がりますが、外面ばかりで内実が伴わないのが特徴。確信のないまま派手な言動や見栄を張ることは、周囲の反感を買って思わぬことを暴露されたり、名誉を失うことにもなり兼ねません。自分の能力や実績などを不要なところでアピールしたり、隠しておくべき事を露呈してしまうことが考えられます。そのことが原因で親しい人との別離も起こり易くなりますから、勢い任せの言動は慎み、本質を見極めて足元に注意することが肝要。極度の場合は警察のお世話になったり、裁判沙汰にまで発展することもあります。
     
    次々に燃え広がる火は、分離の作用を起こすので、人の離合集散が起こります。来る者は拒まず去る者は追わずの姿勢で惜しくも追わないこと。必要な人は後に必ず戻ってきます。変な正義感や自己顕示欲に駆られて、闘争的にならないよう注意して下さい。
     
    過去の事に拘れば取り越し苦労、諸事に於いて後手に廻れば折角のチャンスを逃す結果となります。炎の勢いのごとく気が大きく成り過ぎ、分不相応の事柄に興味が向きますが、手を出せば後々資金繰りに苦労することに。重要文書や印鑑の取り扱いにおいては、トラブルが発生しやすいので慎重に。保証人や借金の申し入れは丁重にお断りしましょう。また、本年は二度手間になることが多いので、再三再四確認を怠りなく。物事は二度目の方が纏まります。
     
    あなたの立ち居振る舞いのすべてが見られている年。目立ち過ぎれば反感を買い、地味にし過ぎればダサイと言われ、過ごし方が難しい時ですが、見栄や体裁、競争心などは不要。常に笑顔を絶やさないよう心がけ、ヘアスタイルやファッションにも気を使って過ごして下さい。
     
    本年は前厄にあたります。過去に罹った病気の再発、血圧異常、頭部や眼の疾患、心因性の病気にご注意下さい。また、吉方での健康診断をおすすめします。来年、本厄に入れば発見が難しくなくなります。病気が発見されたら早期治療を心がけて下さい。火傷など火の取り扱いにも十分ご留意下さい。
     
    ◆今年の吉方位は、一白水気の回座する北西方位、三碧木気の回座する北東方位が相生方位です。
     
    但し、月の方位は毎月の節入りごとに変わります。本方位が凶方位になったりもしますので、毎月の運勢欄をご覧になり正しい吉方位をお選び下さい。

    ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     
     「五黄土気」
     
    五黄土星の定位は中央です。周囲八方の八星を従えて支配する存在「帝王の星」と呼ばれます。五行では土星、季節では四季の入れ替わる「土用」の働きを持ちます。土中の「地のエネルギー」は、生命を育む力を持ちますが、反面、腐敗させる力をも持ち合わせています。形あるものは滅し、新たに生み出すその様は、善悪、吉凶の両極性を持っているといえます。
     
    この土星の人は、表面的には穏やかに見えても、内面に煮え滾る情熱を持ち、義侠心に厚く、弱い人を放っておけない人情家です。自尊心が強く負けず嫌いで、何においても仕事を優先させ、トップの座に登りつめます。
     
    我欲に走り、譲らない態度は運気暗転。不注意や不摂生で大きなつまずきが起こり易いのも特徴です。分不相応な生活に憧れ、見込みのない事柄に欲を出しては失敗し、どん底の生活を送る人も居ます。性格には二面性が見られますが、総じて何事にも耐える強い精神力の持ち主です。
     
    ★今年の五黄土星は、北方位の「坎宮」に回座しています。北方は、季節に喩えれば冬、一日では夜の闇を表します。水の性質を表し、水は熱すれば蒸発し、冷やせば氷となり、用意された器に従ってどのような形にも成りますが、僅かな隙間でも漏れてしまいます。このように、本来の姿が解らないという不安定な性質といえます。
     
    坎宮は「困難宮」ともいわれ、発展性は皆無で、万事に塞がっていて通じないことが多くなります。気力・体力・財力ともに衰えは厳しく、万事に塞がって運気は最低に落ち込みます。暗雲立ち込め、先は見えず立ち往生、気分は暗く不安でいっぱいです。それを不本意に感じれば苦労や悩み多く、下手にもがけば深みに嵌って抜け出せなくなります。
     
    用心深く諸事において慎重に対応しながら、現状を維持できれば良いという覚悟が必要となります。たとえ困難な事に遭遇しても、慌てず冷静に対処して、コツコツと地道な努力を重ねていれば、やがて運が開けてきます。どんなに自信があっても独走したり、大欲に走りすぎる活発な行動や積極策は控えなければなりません。
     
    精神的にも肉体的にも無理がききません。あなた自身は暗い雰囲気を漂わせてしまいます。消極的なわりには陰湿に他人の失敗や無責任さを追及し、公にして自分を優位に立たせようなどと考えれば人間関係にヒビが入るだけで得るものはありません。そればかりか信用は破れ、悪評となって世間の知るところとなり、これまでの努力を自分で破ることになってしまいます。さらに、何事にも邪魔は入り易いので楽観視は禁物。気分任せの言動は破綻しますから心して過ごして下さい。
     
    闇雲に動き回ることは損失を招くばかりで、病難なども起こりやすく、警戒を要する年といえます。住居の移転や転職も見送って下さい。動けば一生転々と移ろうことになります。
     
    金銭的にも余裕がありませんから、見栄や体裁に拘らず、分相応を心掛け、支出を抑えることも必要でしょう。人恋しさから、異性間の過ちなども起こし易いので注意して下さい。相手を間違えば泥沼に引きずり込まれ、身を滅ぼしますから慎重に。
     
    本年は将来の目標などをじっくり考えるには良い時ですから、ひとりの時間を多く作って将来の綿密な計画を立てて下さい。資格取得の為の勉強や習い事を始めるには良い時で、本年に始めた事は長続きします。ただ、金銭的にも余裕がありませんから、小さく始めるのが良いでしょう。心静かに瞑想や読書など、孤独とも上手に付き合いましょう。
     
    人に優しく思いやりをもって接し、些細な事を深く考えないように。将来の新たな目標を立て、緻密な計画を立てておけば、スタート後に目標を見誤ることはありません。健康面では、腎臓、泌尿器、生殖器の疾患、婦人科系の疾患など。冷えを起因とする諸病に注意。健康管理を怠らず、早めの治療を心掛けて下さい。
     
     
    ◆今年の吉方位は、六白金気の回座する南西方位、二黒土気の回座する西方位が相生方位です。

    但し、月の方位は毎月の節入りごとに変わります。本方位が凶方位になったりもしますので、毎月の運勢欄をご覧になり正しい吉方をお選び下さい。


    ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     
     「六白金星」
     
    六白金星の定位は、北西方「乾」の方位にあります。六白は「東南西北天地」の「六」で、広大無限の大宇宙を現しています。「白」は、潔白の白であり、白熱した太陽を示し、古来より人類が「天」と仰ぎ、神と崇める本体です。大宇宙の偉大な力を内臓し、豊かな未来と希望を秘めた象意を持っているのです。
     
    このことから神仏、信仰の意が生じ、品位と風格を備え、人の上に立つ権威も持ち、どことなく気位の高さがあるのが特徴。聡明で英知あり、先見の明に富んで、人の意表を衝く力を持っています。また、負けず嫌いで、人に仕えることを好みません。人を惹きつける魅力を持ち、人情の厚いところもあって目下の人を可愛がりますが、行き過ぎて目上の人に逆らう反骨精神も併せ持っています。
     
    本質は温かい心の持ち主で、包容力がありますが、冷たさを感じさせてしまうことも。お世辞や愛嬌に乏しく、社交上手ではありませんが、負けず嫌いで世間の苦労に耐えて成功します。
     
    強い正義感と優れた資質を持つ一方、自己の主義主張を押し通そうとしたり、自意識過剰で取り越し苦労をしますが、責任感が旺盛で何事も最後までやり遂げます。気位高く、自説を曲げず、譲らないので対人関係に和を欠くことも。考え過ぎて行動が慎重になり、チャンスを失い易いのが欠点。敵を作ることも多いので注意が必要です。
     
    男性は家庭では亭主関白ですが、社会的には重要な存在となり晩年まで進展します。女性は理想が高いです。
     
    ★今年の六白金星は、南西方位の「坤宮」に回座します。南西方は、運気循環して新しい運命周期が起こり今迄の閉塞された運気が消滅して徐々に運気が向上してきます。周囲にも徐々に光りが差してきて気力も前向きになり、希望が湧いてきます。
     
    周囲の状況にもあれこれと気が付くようになり、計画を進めたくなります。しかし、急速に好調とはならず、ようやく平穏になった程度です。従って、諸事に油断は禁物。焦りや短気を抑えて基礎固めに専念する時と心得ましょう。
      
    年の前半はこれまでの低迷した運気を引き、思うような発展は望めません。まだまだ本調子ではありませんから、坤宮は「準備宮」と呼ばれる所以です。
     
    「後厄」の年でもありますから、気楽にのんびりすることは出来ません。焦らず、忍耐強く、努力を積み重ねることが大切で、諸事に油断は禁物です。本格的に活動していくのは来年からですので、心を引き締めてエネルギーを制御し、前年に練った計画の上で目標に向けて具体的に準備をします。
     
    雑用や雑務、人の世話事が多くなりますが、目先の損得を考えず、愚痴や文句を言わず、骨身を惜しまず黙々と働きましょう。派手な振る舞いや目先の打算は、自分を窮地に追い込むだけですから、奉仕の精神で人の役に立つ事だけを考え、実力を養うことに力を注ぎましょう。代償を求めない努力は、後に信用となり、評価となり、報酬となって戻ってくることを忘れてはなりません。まずは種を撒き、良きものを育てるが如く、盛運期の土台造りの時と自覚して、誠実で地道な努力を続けていけば、後半から運気は確実に向上してきます。
     
    新規の事柄や、不慣れな事柄には手出しせず、消極的な態度で臨めば何事も有利に運びます。周囲との和を保ち続ければ、やがて大きな信用となって花開き、今後の人生を大きくできるでしょう。
     
    人間関係では、昔から付き合いのある友人や知人が力を貸してくれそうですから連絡してみましょう。母親や妻、補佐役の社員や従業員を大切にすることは、今年の運気を向上させます。
     
    健康面では、胃炎、胃潰瘍などの消化器系疾患、便秘、肩凝り、不眠症、過労に注意。ストレスの解消を心掛けて下さい。
     
    ◆今年の吉方位は、二黒土気の回座する西方位、一白水気の回座する北西方位が相生方位です。

    但し、月の方位は毎月の節入りごとに変わります。本方位が凶方位になったりもしますので、毎月の運勢欄をご覧になり正しい吉方をお選び下さい。


    ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     
     「七赤金星」
     
    七赤金星の定位は、西方「兌」の方位にあります。兌宮は、実りの秋と収穫の悦びを表し、お金や食べ物に不自由しない福禄運を授かっています。また、この星の生まれの人は器用な人が多く、臨機応変の才知に長け、明るくて愛嬌があり、親しみやすく社交上手で、お洒落のセンスも良く、話術巧みで明るく爽やかな人気者です。
     
    生まれつき勘も鋭く、洞察力や批判力を持っていますが、行き過ぎは人の立場をなくして気分を害します。自尊心が強く、見栄っ張りで、競争意識が強く、執念深さがあって行動力があります。ですから吉凶波乱の出来事も多く、浮き沈みの激しい人生と成り易いのが特徴ですが、後半から安定してきて全体としては平穏な運命となります。
     
    良いアイデアの持ち主ですが優柔不断のところがあってなかなか実行に移せません。頭の回転の良さと社交上手な素質を生かしてチャンスを逃さないようにして下さい。独立精神旺盛で、若くして親元を離れる人も多く苦労をしますが、力強く乗り越えて大成する人です。
     
    ★今年の七赤金星は、東方位の「震宮」に回座します。震宮は内面から強い刺激を受け、衝動的に行動を起こしたくなるパワーが加わります。雷鳴が広く轟き、山岳が震動するほどの力を持ち奮い立たせます。これまで計画、準備してきた事柄をスタートさせるとき。
     
    前年までの暗く憂鬱な気運から開放され、前年の奉仕的活動と地味な努力に陽が当たる年。失敗を恐れず積極的にチャレンジして下さい。交際も広がって多忙となりますが、調子に乗りすぎると周囲の反発や誤解を招き、折角の発展期を無駄にしてしまいますから慎重に。
     
    震宮は「発展宮」と呼ばれて、新しい運命周期に入り、運勢が発展し始めることを表しています。しかし、急速に好転するという程の勢いはなく、ようやくスタートラインに辿り着いたといえる状態です。年の前半は、前年までの低迷運気を持ち越していますから、気を抜かないように。
     
    先へ先へと気持ちばかり焦って手元が疎かになったり、出しゃばったり、余計な口出しをしたり、憎まれ口を叩いたり、苛々して怒鳴ったりしないよう、落着いて一歩一歩を確かめながら進めましょう。分不相応な背伸びは、せっかくの芽を枯らすことになってしまいます。直感だけに頼るのは危険ですし、思い付くままの無計画な猛進や、降って湧いた話に飛び付いているようでは破運を招きます。過去の悪事や隠し事の露見にもご注意を。
     
    周囲と足並みを揃えつつ、自分の役割はキッチリ果たし、派手な言動を慎み、諸事に保守的に対処すれば、諸事有利に進展して大きな成果を得ることが出来ます。また、良いアイデアが生まれ、良いヒントが得られます。若者の意見も大変参考になりますので、耳を傾ける価値は大いにあるでしょう。しかし、あなたを挑発するような出来事も多く起こります。人と争ったり、気分任せに高慢な態度を取るなど、上から目線の言動は、これまでの努力を自分で破ることになりますから自重が必要です。
      
    健康面では、肝臓病、神経痛、リウマチ、痙攣を伴う病気、喘息、咳、咽喉の疾患に注意。足首の怪我にもご注意を。
     
    ◆今年の吉方位は、六白金気の回座する南西方位、一白水気の回座する北西方位が相生方位です。

    但し、月の方位は毎月の節入りごとに変わります。本方位が凶方位になったりもしますので、毎月の運勢欄をご覧になり正しい吉方をお選び下さい。


    ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     
     「八白土星」
     
    八白土星の定位は「艮宮」です。艮は「山」の意で、山の土、不動、蓄積などを表します。この星の生まれの人は意志強固で、信念が強く、落ち着きがあって、
    ドッシリした人柄です。性格は開拓精神が旺盛で、常に現状に満足せず、常に新しい分野に挑戦していきます。
     
    平凡に甘んじることを好まず、人の先頭に立って指導力を発揮しようとして、独断専行することが多いので対人関係が悪化することがあります。自己の能力を過信する傾向にあり、何事に対しても頑固に自説を押し通そうとしますから融通がききません。
     
    徹底してやり遂げなければ気が済まない性格の部分もあるので、人に物事を依頼せず、全てを自分の手で処理しようとして頑張り通してしまいます。
     
    この生まれの人は、個性的な努力家。辛抱強いところがありますから頭脳的な職業に向いています。責任感が強く、徹底的に最後までやり通すので、信用を重視する職業にも適しています。学者タイプでもあるので、教壇に立ったり、研究をするのも良いでしょう。共同事業や商人には不向きです。
     
    目先の欲に囚われず、勤勉と努力で積み重ねてきた基盤が晩年に花を咲かせるでしょう。金運も強いですが、出入り激しく、なかなか貯蓄に回りません。大器晩成型です。家庭運が良くない場合が多く、親子、夫婦など、身内のトラブルが発生し、暗い影を落とすことがあります。移り気やムラ気を戒め、協調精神を養い、目標を高く持って、誠実に励めば晩年は安泰です。
     
    ★今年の八白土星は、南東方位の「巽宮」に回座します。巽宮は「福禄宮」と呼ばれ、九年周期の運勢の中で一番福運の強い場所です。これまで努力してきた物事がまとまり、成長に一区切りついて形になるところ。
     
    努力に相応の信用が備わり、それ相応の評価がされ、評判となって広がることから交際範囲も拡大します。また、人として整った振る舞いも必要になります。万事に慎重さは必要ですが、不決断や迷いはチャンスを失い、信用が薄れることになります。
     
    対人面では、協力者を得てスムーズに運びます。新規の事柄が発生する傾向にありますが、好奇心での挑戦は内実伴わず時間切れとなります。
     
    まずは身の回りの整理整頓から。これまでお世話になった人にお礼状を出す、ご無沙汰している人に近況報告をするなど、人間関係の整理を行いながら情報収集を行いましょう。取引先への挨拶回り、疎遠になってしまっている人へのご機嫌伺いなど、手紙やメールで息災を尋ねるなどして人間関係を整えることも重要。ここで連絡を取っておくと、やがて良い評判は遠方まで広まり、いい情報が舞い込んで来ます。
     
    但し、今年に入ってからの新企画は、時間が掛かるばかりで纏まりません。好条件の中に、虚実こもごもと舞い込みますから、不慣れな事への挑戦や、投機などは見送りましょう。これまで継続して来た事柄に的を絞って、充実した日々を過ごして下さい。
     
    あくまでも、これまで手掛けて来た事柄を整わせること。勝手に整うのではなく、自らそのように努力することで運気を活用するということをお忘れなく。遠方との取引は好調です。恋愛は結婚へと整うでしょう。

    健康面では、呼吸器や気管支系の疾患、腸の疾患、胆石、鬱病などに罹り易いとき。空気及び飛沫感染による疾患も懸念されます。風邪に罹れば長引きますのでご注意下さい。
     
    ◆今年の吉方位は、六白金気の回座する南西方位、二黒土気の回座する西方位が相生方位です。

    但し、月の方位は毎月の節入りごとに変わります。本方位が凶方位になったりもしますので、毎月の運勢欄をご覧になり正しい吉方をお選び下さい。


    ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     
     「九紫火星」
     
    九紫火星の定位は「離宮」です。離は南方位で、太陽の熱と光を受け、燃え盛る火で、火は離合集散をもたらします。明るく華やかで激しい感情とセンスの良い身嗜みの持ち主で、感受性に恵まれています。男女とも頭脳が優秀で直感力を備えています。
     
    やや権威ぶるところがあって、脇役であることを好まず、必要以上に見栄や外聞にこだわり、感情の起伏が激しくヒステリックになりがち。我が儘が高じると人間関係が悪化し、人に敬遠されて孤独になります。頭が良くて人の上に立って指導することを好み、よく研究事などに熱中しますが、どこか冷徹なところがあって近寄りがたい感じがして親しみにくいところがあります。
     
    九紫火星は中年運ですので、一生のうち中年頃に人生の基盤を固めるのがよいです。その為にも、他人の忠告や助言を素直に聞く姿勢が必要になります。好き嫌いが激しい為、親しい友人でも簡単に切り捨てることが出来る性質があるので、どこまでも信じきって深く付き合うのは考えもの。また、性急なところもあるので早合点してミスを犯すことも起こります。粘り強く努力していけば、晩年は安泰な生活が得られます。
     
    この生まれの人は、頭脳優秀で人の上に立つ人ですから、知的に人を指導する職業に向いています。また、美的感覚に優れているので、芸術性のある仕事に就けば楽しみながら働けるでしょう。表現力が豊かで、自己顕示欲が強いので、人前で活躍するような職業も適しています。しかし、どこかクールな感じがして、人を見下す癖があり、頭を下げたくないところがあります。
     
    ★今年の九紫火星は、中央「中宮」に回座します。中宮は周囲の八星を統制し支配する位置であり、また、八星から強い影響を受ける位置にあります。
     
    中宮は盛運の極みです。山頂「帝王の座」に居て八方を見渡し、自信に満ち溢れ、周囲を制圧し、支配するという強烈な勢いを見せます。何事においても中心的存在になり、どうしても強欲になり慢心に陥りやすく、盛運に過ぎて得意絶頂となれば八方塞がるともいわれます。これまで順調に来た人ほど、気持ちも大胆になり、以降もこの順調が続くものと錯覚するのです。八方見渡すか八方塞がることになるかは、過ごし方次第で決まります。
     
    中央の強い土気の作用を受けて、運気は不安定で波乱含みとなりますから警戒が必要。勢いに任せて無理を通したり、高慢な態度で人に接すれば、取り返しの付かない失敗を犯す危険を孕んでいます。慢心という落とし穴は、あなたをどん底まで引きずり降ろし、這い上がれなくなるほどの大打撃を与えます。また、過去の事柄を思い出し、今更どうにもならない事に執着する傾向にもあります。
     
    頂点を極め、更なる上を目指して挑戦したくなるのも特徴で、強行すればこれまで積み上げてきた努力も一瞬に崩れ去る危険があります。他を顧みない自分本位な行動は、周囲との摩擦を起こして失敗します。
     
    周囲からは、無理難題が持ち込まれたり、古い問題が蒸し返されたりします。多欲を戒め、平常心を保ち、感謝の心に徹して周囲への目配り気配り心配りを忘れずに。まずは現状を維持する方法を考え、手堅く維持するのが賢い過ごし方です。
     
    積極的に動くのではなく、消極策に徹して万事を控えめに。努めて謙虚に振舞い、強引な行動は避けて慎重に過ごすことが望まれます。あなたの言動のすべてに周囲の人たちの注目が集まりますから、努めて謙虚に振舞い、強引な行動は避けて慎重に過ごされて下さい。不注意や不摂生が原因で健康を害す恐れもありますから、小さな油断も大敵です。無理が祟れば悪変します。
     
    財運は増やす方法で

祐気取りのすすめ!

祐気取りのすすめ!
 
開運・運気上昇の為の必須アイテム! ≪2018年度版≫完成しました!
 
恋愛運?結婚運?名誉名声運?仕事運?スポンサー運?家庭運?金運?
欲しい運を確実にUPさせる!祐気旅行計画を立てましょう!
 
大人気!「祐気取り計画表2018 A4版6枚+解説 ¥12.000」
 
ご依頼は→info@yunmu.jp「お名前・生年月日・ご住所をお知らせください」
 
祐気取りを使った開運方法を伝授致します。ご依頼はお早めに!

ご自宅や会社からの方位地図線引き等、お気軽にお問い合わせ下さい☆彡

ご自宅や会社から、方位地図の線引きも致しております。

その他、お気軽にお問い合わせ下さい☆彡

ご依頼はメールはこのアドレス宛にお願いします。

「お名前・生年月日・住所をお知らせください」

 製作にお時間を頂きますのでご依頼はお早めに!

尚、対面鑑定を受けられる方でご希望の方には、祐気取りを使ったあなたのだけの開運方法を伝授致します。
ご予約時に「祐気取り表希望」とお知らせください。

ご自宅や会社から、方位地図の線引きも致しております。
その他、お気軽にお問い合わせ下さい☆彡

■今日の運勢|簡単登録■メルマガ■まぐまぐ!配信中!

*あなたの毎日がもっと楽しくなるよう応援します。運のいい人になりましょう!
占いを中心に、今日の吉方位、凶方位、暦、行事などをお届けします(癶▽癶)ノ☆彡
*九星気学占い*祐気方位/吉方位/お水取り/祐気取り/パワースポット/今週の運勢/あなたの今日の運勢は?
ご登録・ご購読は無料です。登録は下記から

メルマガ購読・解除
 
≪会社経営に占いを使う?≫

まさか!?  とお思いでしょうが、経営者といっても全ての分野に精通した能力が備わっているわけではありません。経営者は、自分の特徴や癖を知り、不足している部分を補うような能力を持った人を使う必要があります。

経営者としては経費を掛けずに良い人材を確保したいのは当たり前。高い能力を持った人が集まるよう、
人員募集をするタイミングを知ることも大切です。
そして、各部署に適任者を配属する事が出来ればいいわけです。
その人の持っている性格や適性は、占いを使えばある程度まではわかります。

さらに、その人は会社に利益をもたらす人材か…
直属の上司となる人とはうまくやっていけるか…
など、相性も占えます。
また、上司は部下の能力を知ってその能力にあった仕事をさせるのがいいのです。

誤った人事で、その人の持った素晴らしい能力を潰してしまってはいませんか?

イケイケゴーゴータイプの人に管理的な仕事をさせると、会社が嫌いになってしまいます。
管理能力の高い人に新規市場開拓をやらせると、病気になってしまいます。
 
ユニークなアイデアマンに予算管理やスケジュール管理をやらせると、抜けが多く出て困りますし、
先を読んで計画行動する人に、根回し作業をさせると…独立してしまいますよ(笑

★企業鑑定 人事鑑定 個別鑑定 他

お問い合わせ・ご依頼はメールはこのアドレス宛にお願いします。

オリジナルパワーストーン波動ブレスレット・念除ストラップ
のご案内

■「オリジナルパワーストーン波動ブレスレット・念除ストラップ」販売
-YUNU-NET-■

メンバー様にご好評をいただいておりますYUNMU.オリジナルオーダーメイド 波動パワストーンブレスレット を ご要望にお答えいたしましてネットでも ご注文いただけるようになりました。 あなたの願望(金運・財運・ギャンブル運・出世運・恋愛運・対人運・家族円満・健康運etc) に沿いましてパワストーンを選別、サイズをお知らせいただきましてあなたのだけのオリジナルブレスレットを yunmuヒーリングコンサルタントが気を込めて一つ一つ制作いたします。
さらに
①パワーストーンの完全浄化
②パワーストーンを最大限までパワーアップ
③あなたとパワストーンを同調・同期 させあなただけの最強の完全オリジナルブレスレットをお作りいたします。
また、お申し込みいただきました方全員に雲母先生監修の簡易鑑定書をお付けいたします。

こんな悩みをお持ちの方はいますぐご相談ください。

  • 引越しをしたいが吉方位・よい引越し日を知りたい。
  • 恋人・結婚相手との相性を知りたい。
  • 就職・転職の相談。
  • 企業鑑定(相性適材適所に関しての人事・会社経営全般)
  • 金運・ギャンブル運出世運恋愛運などの開運指南。

体験者の方より

東京都 DNさん

先生には定期的に鑑定・ご指導をいただいているのですがその度に、鑑定力・先見性に驚かされます。
悪い鑑定、悪い相性、よくない行動をしていたとしても決して頭ごなしに否定することはせずに色々なお話をいただきながら自身がが自発的に気づくようソフトに正しくご指導してもらえます。
今後も鑑定・ご指導を伺いに行こうと思っています。

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

  • 金運アップ

    金運アップ

    オリジナル波動パワーストーンブレスレット「金運アップ」
    金運・財運の最強組み合わせ!

  • 恋愛運アップ

    恋愛運アップ

    オリジナル波動パワーストーンブレスレット「恋愛運アップ」恋愛運上!女子・OLに大人気!

  • 四神

    四神パワーストーン

    オリジナル波動パワーストーンブレスレット「四神」

  • 健康運アップ

    オリジナル波動パワーストーンブレスレット「健康運アップ」

  • 八仏

    オリジナル波動パワーストーンブレスレット「八仏」


YUNMU.groupでは加盟企業・団体・個人を募集しております

私たちの趣旨にご賛同いただけます企業・団体・個人の方のご加盟を随時お受けしております。

このページの先頭へ